ピットブルは怖い

子供の頃には柴犬を飼っていたし、近所でも犬を飼っている家庭が多かったのもあって、割と犬が好きな方だが、やはりピットブルだけはどうしても好きになれない。
ピットブルはこれまでに犬が人に噛み付くという事故を数え切れないほど起こしているから。
もちろんピットブル以外にも噛み付く犬、凶暴な犬というのはたくさんいるが、その中でもピットブルはやっぱり別格。
ピットブルは一度噛み付くと飼い主が静止しても、叩いても絶対に噛み付いたものを離そうとしない。

その噛み付く力は凄まじく、噛みつかれてしまえば大怪我は免れない。
どれだけおとなしくなついているピットブルでも、一度スイッチが入ると止めることはできない。
そんなに危険な犬を飼っているというのはちょっとわけがわかりませんし、人や他の動物に危害を加えるような犬はやっぱり怖い。

番犬としてはこれ以上にないほど心強いかもしれませんが、やっぱり危険な犬なのであれば安易には飼育するべきではないと思う。

謎の庭

この間、友人の自宅にお呼ばれして遊びに行ったのだが、彼の自宅の庭はちょっと落ち着かない。

というのも、彼はクレマチスの丘がとにかく好きで、一度旅行に行った時に魅了され、虜になってしまったのだ。

それ以来、自宅の庭をクレマチスの丘風にしたいという気持ちがすごく強く、少しずつだが着実にクレマチスの丘に仕上げているはずだった。

しかし、気がついた時には彼自身気がついているのかは別として、私からすればもはや謎の庭園。

というのも、彼の自宅の庭は6畳あるかないかというくらいの庭だ。

その中に芝を敷き詰め、さらに1畳ほどありそうなチェア、さらにはお手製の池がある。

その時点でかなりギュウギュウなのだが、そのギュウギュウの庭の隙間には所狭しと西洋風の石像が飾られている。

今で言うのなら完全に3密。

挙句の果てに池には金魚サイズの鯉が泳いでいるのだ。

和風なのか洋風なのか、はたまた庭なのか物置なのかわからないようになっているが、本人は満足している。

いい湯だな

ビバノンと言えばドリフターズの「いい湯だな」でおなじみのフレーズ。
これはデュークエイセスがリリースした温泉ソングをカバーしているものだ。

ババンババンバンバン ビバノンノンという言葉を聞くと、やはりこの歌をイメージする人が大半だと思う。
この「ババンババンバンバン」の意味は、特に何の意味もないそうだ。
あくまでも曲の調子を整えるための言葉であり、レコーディングをした時に加藤さんがアドリブで入れたとも言われている。

ビバノンノンの意味、これも曲の調子を整えるために意味のない言葉を使っているんだとか。
ビバと言うのはイタリア語で万歳と言う意味がある。

ノンノンノンについては、フランス語における否定をするときに使う言葉。
いろいろな情報から調べてみると、ドリフターズのメンバーが通っていたキャバレーなどでホステスたちが使っていた合いの手をそのままレコーディングにおいて使ったという情報もある。

どちらにせよ特に意味があったわけではなく、その時のノリや気分で入れられた言葉で、それがこの曲を代表するフレーズになったということだ。

それにしても、ビバノン、懐かしい!な。

姉の人生

女性が浮気するきっかけとして多いのが、同窓会だ。

昔好きだった人と再会することで、一気に燃え上がる。

実際に私の身近な人物も同窓会から不倫へ発展した。

3つ年上の姉だ。

姉夫婦は関係が悪かったわけではない。

しかし、旦那は仕事ばかりで寂しかった…という。

同窓会で2年間片思いしていた人に再会して不倫したようだ。

もちろん相手も既婚者。

この関係がバレるときがきた。

最初に気づいたのは姉の旦那。

姉の行動を不審に思った旦那は探偵に依頼。

今考えたら探偵に依頼するお金をよく持っていたな。

そこで写真を撮られてしまった。

写真を突き出されると言い訳はできない。

姉は素直に不倫を認め慰謝料を払った。

もちろん離婚することになった。

心の寂しさを埋めるために行った不倫が、このような結果になったのだ。

不倫相手とも別れ、姉は一人になった。

姉は激しく後悔している。

私も不倫関係で探偵を調べたことがある。

その時このサイトが役立った。

浮気調査のノウハウ

競馬で当てた過去

昔、競馬にハマっていたころがある。

当時は趣味もなく休みの日は競馬場ばかり行っていた。

ギャンブルが嫌いな家族には競馬に行っていることは内緒だった。

競馬場は広いので友人たちに会うこともなかった。

しかし偶然、親戚と会ったのだ。

まさか親戚に会うとは思っていなかった。

親戚には家族に内緒にしてほしいとお願いした。

それから一緒に競馬をしたのだが、見事に3連単が的中。

その日は親戚にお酒をおごってあげた。

3連単を当てるのはなかなか難しいが、この日はなぜか思いついた数字を買った。

馬の状態を見て買ったわけではない。

ただただ思いついた数字を買っただけ。

臨時収入で以前から欲しかった時計も購入した。

家族には時計なんか購入したからかなり疑われたけど。

趣味ができてからは競馬に行かなかくなった。

しかしふと思う。

また競馬やってみたいなと。

ただ競馬場から遠いところに引っ越したので、なかなか行く機会がない。

近代競馬150年の歴史・JRA公式サイト

まさか父親が!

正直、父親が自己破産をするなんて夢にも思っていなかった。

よくドキュメント番組などを見ていると、自己破産をしてホームレスになって…なんて人が出ていましたが、そんな人は正直言って人間失格と思うこともあったくらいだ。

それくらいに、明らかに軽蔑していた。

でも、父親は自己破産をしてなにもなくなった人間の1人。

自己破産は誰でもできるなんて思っている人もいるかもしれないが、実は裁判所が判断をする。

つまり、自己破産をさせてもいい人間なのかを判断するのだ。

例えば、その借金が飲食やギャンブル、浪費などのような明らかな当事者の身勝手によって発生したものの場合には自己破産できない。

父親は消費者金融からの借り入れを返済できなくなったことによるもので、その借金をした理由も身勝手な理由ではなくやむを得ずと判断されたのでなんとか自己破産できたようだ。

あんなに軽蔑していた自己破産だが、父親は自己破産で助かったのでよかったと思っている。

自己破産の手順

失敗で終われない

探偵に浮気調査を依頼したときに失敗に終わった場合も費用は発生するのだろうか。

失敗に終わったというのは浮気の証拠をつかめなかった場合ではなく、尾行に気付かれたときのことだ。

尾行に気付かれてしまった場合、配偶者が依頼したものだとバレる。

そしたら浮気相手とは別れるだろう。

浮気の証拠をつかまれては困るからだ。

そしたら二度と浮気の証拠はつかめない。

もし離婚となったときでも慰謝料はもらえないだろう。

探偵を選ぶときは実績がある会社でないと失敗に終わることがある。

ちなみに大手の探偵会社は尾行の公開訓練を行っているらしい。

気になるのであれば最後に紹介しているサイトを見てほしい。

大手ということもあり、安心して依頼することもできる。

テレビにも頻繁に出ている探偵会社であればそれなりの実績があるからだと思ってしまうものだ。

もし探偵会社にお願いすることがあったらぜひ大手に依頼するようにしてほしい。

すると失敗の可能性も低くなる。

原一探偵事務所の公開尾行訓練

ここだけの話、妊娠

妊娠している職場の後輩。

それに気づいたのはつわりだった。

他の人はまだ気づいていないようだったが、休憩がたまたま一緒だったので気づいたのだ。

「もしかして妊娠してる?」と聞いたら「はい」と答えた。

ただまだどうなるかわからない時期なので内緒にしてほしいと言われた。

確かにそうかもしれない。

仲のいい友人ならまだしも、職場の人には安定期に入ってからで問題ないだろう。

妊娠初期なので葉酸サプリは飲み始めているそうだが、計画的な妊娠ではなかったらしい。

そう、後輩はまだ結婚していないのだ。

結婚していれば喜ばしいことだが、結婚していないので今後どうなるかわからない。

噂によると不倫していると聞いたことがあるので、もしかしたらシングルで育てていくつもりかも。

あまり深いことは聞けないので体調を気遣ってその場を後にした。

仕事が結構ハードなので順調に赤ちゃんが育ってくれればいいが…。

無理しないようにサポートしてあげよう。

葉酸摂取啓蒙の各国状況

少しだけ借金があった

借金があるとほしいものも我慢しなくてはいけない。

それは購入できないからだ。

実は私も昔借金生活を送っていたことがある。

何百万も借金があったわけではない。

たった50万円ほどの借金だったが返すのは本当に大変だった。

バイトを掛け持ちして、ほしいものも買えない日々を送った。

借金はギャンブルによるものだったが、返済の時は一切ギャンブルはしていない。

ギャンブルをやめて返済することを決意したのだ。

少しずつの返済だったので3年ほどかかった。

でも借金返済できたときは本当に嬉しくて涙が出た。

あの時のことは忘れない。

あれがあったからこそ、今は借金をしなくてすんでいる。

物を購入するときもローンでは買わない。

現金で買えないのなら我慢するだけだ。

私よりも借金生活が長い友人のYくんは今でも返済している。

奨学金やギャンブルなどで多額の借金があるようだ。

洋服も満足に買えないような生活をしているので、着なくなった服が譲っている。

借金地獄から抜け出す方法

テスト

最近はテストする雑誌が流行っている。

消費者からしたら、きちんとテストしてあるので評価が良かったものを購入しようと思える。

この前雑誌で見たのはデオドラントスプレーだ。

何十という商品をテストしていた。

これを見ただけでどの商品が優秀なのかわかる。

消費者にとってはありがたいが、企業からしたらどうなのだろうか?

悪い評価をつけられてしまうと商品が売れなくなるかもしれない。

クレームが来たりしないだろうか…と心配になる。

でも雑誌が販売され続けているということは、クレームが来てもなんとかなっているのだろう。

夏になると特にワキガの人は臭いがきつくなる。

自分がワキガと気づいているのであれば、ニオイケアを徹底してほしい。

職場にワキガの人がいるのだが、夏はものすごい臭いを発する。

長時間密室に一緒は本当に辛い。

接客業なので、ケアしないとクレームが来るレベルだ。

誰か教えてあげないのだろうか…。

よし、私が教えてあげるか…。

女性のワキガ対策おすすめ商品