ALBUM 2002.12〜2003.1 
Album Main へ

                ■2003年 1月23日■
                   マリーの生理が始まった。猟期が2月15日までなので、今期の出猟はもうない。
                   今期は初猟の頃にも原因不明の嘔吐で1ヵ月近くを棒に振り、さんざんだったが、
                   何が何でもという気持ちが薄らいできているのも事実だ。
                   今般マリーは出産させることになる。
                   雌を使っての猟はこういう時になにかと不都合が発生する。
                   はたして来期はどのようになるのか・・・・・             ALBUM 2002.12〜2003.1 終り








■2003年 1月21日■

休みが入ったのでまたまた猟へと出掛けたパパさん。

珍しくミッキーも連れて行くと言い出した。


何でも今日は“お遊び”らしい。・・・ そんな失礼な!ねっ、みっさん。

行き先はいつも行ってる北山。

車で1時間ぐらいの場所なのに、山に入ると別世界の様な雪景色。

そんな中 マリーはというと・・・いつもの様に呼び戻せるキョリを保ちな

がらも山の中へと消えて行ったのでした。


一方かなり久し振りに山ブリとなったミッキーは一面の雪に感激してい

るのか・・迷子になるのが怖いのか・・ パパの傍を離れません。


その昔 鹿を追いかけながら暴走してひと山越えた伝説のエピソード

の持ち主とは思えない落ち着きです。

ミッキー 山ブリ体験はどうだった〜?

また時々は連れて行ってもらおうね!


下の写真は ふたりで仲良く・・・・。

いつもミッキーと同じ場所に自分の臭いをつける男の子の様なマリー
ですが この時は寒くて冷えていたのか待ちきれずに同時多発でした〜

ここでも いつもの右足上げのポーズが決まっています。


降りしきる雪の中 佇むミッキー。

ケイと一緒に走り回った若かりし頃を思い出しているんだろうか・・・








■2003年 1月11日■

12月27日に8種混合ワクチンを接種したので年内は休養。

正月3日に初猟の予定が一日中雪まじりの雨。
4日、5日と北山へ出猟するも大寒波と強風。
北山あたりでは木に積もった雪が凍り付いて落ちず、重くなった木がいたるところで林道の上に倒れていたためほとんど入山できず。
冗談でなく、チェィン・ソーとウィンチが必要だと思った。

しばらく北山はこんな状態だろうと思い、仕方なく西山でキジ猟になった。
キジ猟はヤマドリ猟よりも犬が汚れるのでマリーママがいやがる。
汚ギャル状態になったマリーを洗うのも大変だ。

今頃になるとキジも追われていて、賢くなっている。人家も増えていて猟も難しくなってきている。

マリーが田んぼから追い出したキジが竹薮に向かって翔んだので、2発撃った。回収していると近くの人が飛び出して見に来た。

違反はしていないのだが、何やら後ろめたい感じだ。

一般の人を脅かしてはいけないと分かっていても体が条件反射してしまう。

このようなことが続けば西山もやがて銃猟禁止区域になってしまうだろう。

反省の1羽である。

2002.12.24-1

2002.12.24-2
■2002年12月24日■

今日はクリスマスイブでミッキー9才のお誕生日でした。

既にキジの唐揚げでお祝いは済ませた後、パパがケーキを買って帰ってきたのでネンネモードに入っていたミッキーを起こして撮ったのがこの1枚です。

ケーキを前にすると一瞬でお目目パッチリのイタダキモードに変身。
ほら!もうすぐヨダレが・・・

この後 「こんな時間に食べるの〜?」と言いながら一番に頂いたのは甘い物には目がない・・マリーママでした〜〜

ミッキーもマリーも一緒にね!

マロンちゃんが好きそうな赤い実(ラズベリー)も食べたよ〜♪


実は我が家では12月21日にX'mas ケーキをすでに食べていて、今日
はMickyのために別に買ってきたのです。

X'masと一緒にされて損する年もありますが、絶対に忘れないEveが
お誕生日とは得なものですね。。。

今年はキジ・ヤマドリの唐揚げと宝塚ホテルのブッシュ・ド・ノエルを射
止めました。

もう目が点になっていて、寝覚めのデザートです。


2002.12.23-1


2002.12.23-2


2002.12.23-3


2002.12.23-4

■2002年12月23日■

マリーママが変なページを作ったのでプレッシャーが大変だ。
猟果よりMarieたちと一緒に山歩きするのが愉しみなのだから・・・

今日は昨日午前中にヤマドリが獲れ、帰りが早くマリーも疲れてい
ないので、時間を短くして西山へ出猟した。

去年西山では猟期中に1組か2組しかバードハンターを見かけてい
なかったのに、今日1日で3組に出会ったのでこのHPを見ているの
ではないかと一瞬思った。(ちょっと思い上がりか・・・)
六連発撃ったハンターがいたらしく、近所から110番通報されてパト
カーが来ていた。六発も撃って逃げられたらしく、他にも射獲した組
はいなかったようだ。

どの場所も先に入られた様子だったので、キジが追われて逃げ込み
そうな場所へ移った。

今日のマリーの動きは良かった。
土手に座って休んでいたところ、マリーの姿が見えなくなった。草の
動きで居場所が分かるのだが、動きがなかったのでまさかと思い、
入った辺りまで進むとやや半身に構えてガッチリとポイントしていた。

今までにもあまり見たことのないほどの確固としたポイントだった。
突っ込みも鋭く、キジはかなり高く翔び立った。
2発撃ったが胴にはほとんど当たっておらず、肉の歩留まりが良か
った。大物なので身もたっぷりとある。

それにしても結構立派なヒネキジであった。

マリーにもこのクラスのゲームを捌けるようになったのかと思うと嬉
しい極みだ。

昨日獲ったヤマドリと今日の収穫のキジとを同時に捌いた。

ジビエでは色々な料理法があるのだろうが、我が家では至ってシン
プルである。笹身、胸肉はお造りに、その他は唐揚げが定番だ。
弾に当たった近くはバターでソテーしてM&Mの御馳走となる。
このあたりでキジやヤマドリをこれだけ食べている家族はおそらく他
にはいないだろうといつも言いながらの夕食である。

写真はキジの刺身。全然クセがなく、生姜醤油、ポン酢、わさび醤油
何とでも合う。

明日のX'mas Eveはキジの唐揚げで、ミッキーの9歳のお祝いをする
ことになるだろう。

キジ肉は締まっていて噛めばギチギチと音がする。このギチ・ギチが
キジ・キジになったという説もある。

キジの刺身


2002.12.22-2


2002.12.22-1


2002.12.22-3
■2002年12月22日■

昨日の雨もあがり足場はよくないものの早朝から出猟したマリー。
行き先は京都・北山でヤマドリ狙い。
山頂には薄っすら雪が残る絶好の猟場。
ではゲットまでの様子をマリーパパに語ってもらう事にしましょう!


11月に西山へ2日出猟、初日3羽のキジを生産したが射撃できず、
2日目に1羽半矢にしたものの回収に失敗した。

移動中に体調崩し嘔吐を続けたためダクタリ動物病院で診察を受
ける。白血球値高く炎症の懸念、しばらく静養。

約1ヵ月経った12月19日北山へ出猟。ヤマドリ1羽生産するが這
われて射程外から翔ばれる。その他は羽音のみで視認できず。

セルハン傾向が強く出てほとんど猟にならず。
今年は非猟期に山へほとんど行ってないのが原因か?・・・

12月22日北山。
セルハン対策のため小さい猟場を選定。
3ケ所で1羽ずつゲームを生産。オス、メス各1羽、羽音のみ1羽。
4ケ所目、断崖を背にした所でポイント。射程内やや迎え矢に生産。
15メートルくらいと近かったが芯で命中、一発クリーンキル。
尾羽9節やや小ぶり、今年の生まれだろう。

お留守番のミッキーはヤマドリを見ると
おおはしゃぎ!

リタイアしたとはいえやっぱり猟犬の血が騒ぐようです。
でも動かないと分かるとマリー同様一気に興ざめの様子。
とりあえず記念撮影させてね、ミッキー。


2002.12.22-4